Cray Cray Post

ハーレーダビッドソンのアフターマーケットパーツをメインに様々な情報をピックアップ!

ニュース:AIMExpoにハーレーダビッドソンがブースを出す予定

cyrilhuzeblog.com

毎度のCyril Huze Postから、ハーレーがAIMExpoに出るような記事が上がってたので拾っておきます。

AIMExpoってなんだろうと思っていつも通りGoogle先生に聞いてみても英語の記事ばかり…という事でいつも通りな感じでざくざくななめ読みしてみます。

 

aimexpousa.com

AIMExpoはAmerican International Motorcycle Expoの略称みたいで、アメリカと北アメリカのモーターサイクルとパワースポーツに関わっている業界、プレス、ディーラー、エンドユーザーを集める場にする目的の、そういうやつみたいです。なんで新商品の発表の場になったり、取引の場になったり、が一緒になったものかと想像しております。

今年は9/21-24にオハイオ州のコロンバスにあるGreater Columbus Convention Centerと言うところで行うとの事。
HPをぽちぽち進めていくとAbout ColumbusからWhy Columbusと出てきて、見てみるとここがなかなか面白い。

aimexpousa.com
視覚化されて分かりやすいのでリンク先の画像も1度見てみてください。
何故コロンバスでやるのかってことについていろんな角度から書いてあります。

お店の密度的な問題で、フランチャイズや独立ディーラーの41%がコロンバスの500マイル圏内にある事。これっていうのが1日のドライブ、1時間のフライトに相当する距離らしく立地が良いみたいです。ちなみに500マイルをキロに換算すると804キロって出ましたけど、スケール違うんで近いんだか遠いんだか、感覚は分かりませんね。

人口密度的な問題で、アメリカの人口の50%はコロンバスの500マイル圏内で多くの人がアクセスしやすい場所だという事。

都市的な事で、レストランとホテルがたくさんある事。

時期的な事で9月の下旬は天気が良くてライディングにも良い事…

と、こんな風に他にも書いてありましたが多角的な視点で様々な分析をした結果、コロンバスで行っているようです。こういうロジカルな考え好きです。毎年、1月下旬から2月の頭に掛けて行われるシンシナティのV-twin Expoも見習ってもらいたいくらい!寒いし不便なところだし…ってシンシナティが悪いわけじゃないですよ!

aimexpousa.com

あとカスタムショーもやるみたいですね。アメリカのビルダーにフォーカスしてるようです。

話はそれましたがそんなところにハーレーダビッドソンが初めてブース出すみたいです。ここで18年モデルの発表やデモライド、ジャンプスタートも行われるようで、ジャンプスタートって確か免許無くても乗ってるような感覚になれるやつですよね?それも出るようです。

もう18年モデルの話が出始める時期なんですね。
ローライダーSは日本では大成功したのに、新しくでたロードキングやストリートのイマイチ感が否めなので、魅力的なバイクが出ることを願います。

mao