Cray Cray Post

ハーレーダビッドソンのアフターマーケットパーツをメインに様々な情報をピックアップ!

パーツ:Diamond Engineering 「12 Point Bolting System」

たまには少し自分のことも書いてみました。私がハマっているパーツです。

f:id:Culturevolt:20170505112624j:plain


私の乗っているバイクは1992年式エボのFXR。ハーレーの中では新しい部類になる年式ですが20年以上前に作られたバイクだけにやれた部分もありエンジンのシリンダーヘッドボルトなんか錆さびでした。(上の写真のヤツです。)

車両の雰囲気的にもまだきれいにしたいなぁと思っていたそんな時に目に留まったのがダイアモンドエンジニアリングの「12ポイント ステンボルト」です。

www.depss.com


Ugima 630 ステンレススチール製。レースクオリティで製造される高品質ボルト。メーカーページには耐久性が高いというような説明があったかと思いますが上手く訳せませんでした。私自身は何よりその見た目に惹かれちゃっています。

上の画像のシリンダーヘッドボルトは交換でこうなりましたよ。

f:id:Culturevolt:20170509215942j:plain


自己満足の極みですね。ほとんど気づいてもらえません。

しかし自分的には一か所変えると他が気になる。
結局、今まで作業のついでにロッカーカバーボルト、タペットブロックマウントボルト、エキゾーストスタッド、インテークマニホールドマウントボルト、前後のキャリパーボルトを交換してしまいました。地味にお金かかります。

f:id:Culturevolt:20170505115120j:plain

f:id:Culturevolt:20170509220037j:plain

f:id:Culturevolt:20170509220131j:plain

f:id:Culturevolt:20170509220215j:plain

f:id:Culturevolt:20170505115315j:plain

f:id:Culturevolt:20170505115400j:plain

 
今はまだ交換していないプライマリーカバーとかトランスミッションカバーとかのボルトが気になってしまいます。

今後もたまには自分のカスタムネタがあれば書いていこうかなと。

地味なカスタムも書いていこうかなと。

show