読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cray Cray Post

ハーレーダビッドソンのアフターマーケットパーツをメインに様々な情報をピックアップ!

パーツ:Xtreme Machine 「Charger」

f:id:Culturevolt:20170429192257j:plain

XM | Custom Motorcycle Wheel - CHARGER


Xtreme MachineってPerformance Machineで作ってるんでしょ?っていうくらいで認知されてるであろうブランド。
2000年に設立のXtreme Machineは、なんていうか割と攻めたデザイン、トゲトゲしたデザインと言うか、そういうのをメインに扱うハーレーのパーツメーカーでしたが、2011年にPerformance Machineにより買収され今のポジションへ、という感じです。

最近だとExecuteやFierceみたいなちょっと洒落てる路線を行っている印象。

XM | Custom Motorcycle Wheel - EXECUTE

XM | Custom Motorcycle Wheel - FIERCE

そんな中出してきたのがChargerと言うデザイン。

ちょっとクラシックな装いの5スポーク。
「スピードはキングで、スタイルは永遠のクイーン」ってちょっとメルヘン入ってるアイデアから生まれてるようです。

f:id:Culturevolt:20170429195255j:plain

いつも通り同デザインのブレーキローター、プーリー、エアクリーナーも設定あり。
フィニッシュはクロムとXquisite Black Cutと呼ばれる、Performance Machineで言うところのプラチナムカットであろう2種類がHPでは出てます。

f:id:Culturevolt:20170429195310j:plain

Performance Machineで作っているのでクオリティは申し分ないでしょう。

そして説明の終わりには「its magic」と…
マジックとか聞くとインギーとジョーリンターナーのネタしか出てきません。

では。

mao